突然ですが、、、

あなたのiPhoneのデータ、今すぐ消えても問題ありませんか?(真顔)

今は問題なくiPhoneが使えているかもしれません。

紛失した、落として電源入らなくなった、水に濡れてしまった、特に記憶ないけど突然電源入らなくなってしまった。

そんな時ってどうしますか???

困りますよね?

そんなあなたに、本日はバックアップ方法を手順を追ってご説明致します。

iTunesを利用したバックアップ方法

まず大前提として、パソコンを持っていて自宅にインターネット環境があること。パソコンにiTunesがインストールされている事を前提とします。iTunesのインストール方法がわからない方向けには、後日インストール方法をお知らせしますね。

まず最初に…

上記のように、最新バージョンかどうかを確認してください。最新バージョンでなかった場合は、先にiTunesのバージョンアップから実施しましょう。

iTunesを起動したあとに、上部ツールバーにヘルプ(H)→更新プログラムを確認(C)とありますので選択して実行します。新しいプログラムがあるからダウンロードするか?と聞いてきますので、ダウンロードしてください。

次に、このコンピューターiPhoneのバックアップを暗号化にチェックを入れ、パスワードを設定した上で、今すぐバックアップを押します。

設定したパスワードは絶対に忘れないようにしてください。忘れた場合はバックアップを利用することができません。パスワードリセットもでません。何のためにバックアップしたのか?割りと本気で過去の自分を殴り倒したいくらいの衝動に駆られます。

どうしてそのように感じるかと言うと、私が実際にパスワードを忘れたことがあるからです。

バックアップが終了しましたら、バックアップできているか確認してみましょう。

編集(F)設定(F)と選択します。


デバイスを選択した後、デバイスのバックアップの中に本日バックアップした端末の名前と時間が記載あればバックアップOKです。

まとめ

バックアップはしたけど、バックアップパスワードを忘れた!という事態になると、iPhoneの本体を初期化するか他のパソコンにバックアップ取るしか方法はありません。

いざという時に慌てないためにも、バックアップはしっかりとっておきたいですね。